« しあわせ日和③ | トップページ | 奥様7人珍道中 其の弐 »

奥様7人珍道中 其の壱

とっても楽しく、そして贅沢に・・・・・旅ってこうやって行くものなのね~heart04

ブログ友達7人で猿ヶ京spaに行ってまいりました。お泊りでのオフ会は初めて。ドキドキワクワクhappy02

ほとんどがB型の集団旅行、何が起こってもおかしくないものですが・・・・

上越新幹線MAXbullettrainのグリーン車ですよぉup電車に不慣れな女将は30分も前に待ち合わせ駅に着いたのに待ち合わせ場所にたどり着けず(笑)そんな不安を残し、レッツらGOgood

あっという間に快適な電車の旅は終わり次はレンタカーrvcarで移動。

運転上手なmipoしゃんが二日間ずっと運転してくれましたの。私はって?すぐに運転が変われるようにと道案内の為に、助手席へ。だけど、だけど、ナビの操作の仕方がわからないsweat02行き先を入れてといわれても、カナ入力が・・・おまけにせっかくナビが「あと〇〇M先左折です」って言ってくれているのに、自分勝手に「ココ左折」と強制誘導そしてUタ~ン。懲りずに2回ほど。(mipoしゃんごめんね。)

rvcarに乗ったら次は「お腹すいた~」という事で一日目のお昼ご飯は「古新館」

010_2 004_2 美智子様も召し上がったというアサリおこわが有名だそうですよ。そんなこと聞いちゃ頼んでしまうのが日本人fuji。はい、7人中6人が頼みましたの。残りの変人は・・・・天ぷらせいろそば。そうです、私ですbomb

rvcarrvcarさてさて、お腹もいっぱいになったところで「吉祥寺」

011_3

012 013

お腹もいっぱいのはずなのに「お抹茶タイム」。ここのお寺はどこに行ってもステキで一日中いても飽きないかも。

shineshineまだまだ続くけど、今日はココまで。旅をご一緒してくださった、ももママさん・きらきらさん・こうさん・mipoしゃんそして幹事のケイさん&ココアさんありがとうございました。

rvcarrvcarrvcar次は「吹割の滝」ここで私の性格がばれる事に・・・・・

|
|

« しあわせ日和③ | トップページ | 奥様7人珍道中 其の弐 »

ぶらり旅」カテゴリの記事

コメント

それは楽しいご旅行でした。いっぱい話題が?、とにかく無事にお帰りで結構です。
豪華版ですね~~。

投稿: kazuyoo60 | 2008年5月22日 (木) 21時27分

お帰りなさ~い!!happy01
女7人群馬の旅は、豪華で素敵な旅になったようですね♪
お天気にも恵まれてラッキーでしたよね!
1日早い出発だったら。。。。?
大変な事になってたよね。typhoon
今夜はゆっくり休んで旅の疲れをとって下さいネ♪wink

投稿: じょんびーす゛ | 2008年5月22日 (木) 23時17分

女将さんも UPが早いです~o(〃'▽'〃)o
私は 写真に見惚れていて 遅いわぁ!
写真は 綺麗な景色(美女?)が バッチリ撮れてましたよ。
天気も グルメも幸運でした!楽しかったですね~♪
お疲れ様でした(*^▽^*)

投稿: ケイ | 2008年5月22日 (木) 23時40分

女将ちゃま おはようsun
もう記事がアップされてる!!
6時半に帰宅できた人はアップも早い!(笑)
初お泊まりオフ最高だったね♪
ナビ係り お疲れ様ぁsmile

投稿: ☆きらきら☆ | 2008年5月23日 (金) 06時52分

>kazuyooさん
 はい、話題がいっぱい過ぎて、
 楽しくて、笑いっぱなしでしたよ。

>じょんびーずさん
 ほんとお天気が良くてよかったです。
 でも、良すぎて日焼けが・・・・・。
 一番ゆっくりしていたかもしれませんよ。

投稿: 女将 | 2008年5月23日 (金) 08時49分

>ケイさん
 ほんと2日間ありがとうございました。
 写真が楽しみですよ。
 これからは、ありのままの私を(笑)

>☆きらきら☆さん
 ありがとうございました。
 今回は一番近かったからね。
 なんにもできないナビでしたdown

投稿: 女将 | 2008年5月23日 (金) 08時51分

酒蔵レストランと伺いましたが、本当に、セイロそばだけで終わったのでしょうか?

投稿: mcnj | 2008年5月24日 (土) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/480824/21099572

この記事へのトラックバック一覧です: 奥様7人珍道中 其の壱:

« しあわせ日和③ | トップページ | 奥様7人珍道中 其の弐 »